作品紹介

みゅ~にまる…それはガッキからうまれたフシギないきものたち。

もし、身近にある楽器が、実は“みゅ~にまる”だったら?みんなが見ていない所で大合奏していたら!?

観ている子どもたちが思わず真似をしたり、一緒に歌ったり、ワクワクしながら音楽の楽しさを感じられる作品です。

また、「違う音色だから、個性があるから、ハーモニーは生まれる」というメッセージも込められています。



屁の里生まれのオナラのニンジャあられは、のんびりだけど正義感が強い男の子。里でいじわるする

ヤダモンを、オナラの力「忍ぷ~」全開でこらしめる!人気放送作家の高須光聖さんが本格的に親子向けに

書き下ろした脚本と、おかしな(お菓子な)キャラクターたちによる、親子で笑って楽しめる作品です。



食べ物×動物=おいしくて不思議な生き物「グルメピクシー」である、ハンバーグマのグーグー。

ふっくらハンバーグボディにおいしそうな焼き目、興奮すると肉汁の汗があふれ、粗挽ハンバーグモードに!

今日もグルメピクシー仲間たちと大好きなプロレスで激闘!子供の大好きなハンバーグの魅力が満載な作品です。





まめじかの“まめたん”が子どもたちの身近にあるシーンの中で、ほんわかするお話を楽しく繰り広げます。

ファンタジー要素を入れたお話に、絵本の読み聞かせのようなナレーションと、

たくさんの楽しい音楽や効果音を付けることで、小さなお子様に親しみやすく親子でも楽しめる作品です。





子どもも大人も大好きなたまご。いろんなたまごたちが、癖になりそうな不思議な音楽に合わせて、自分たちの“孵る時”を想像しながら歌います。「たぶんね」という口癖に、想像もできないものが生まれる瞬間は、子どもたちもつい突っ込みたくなったり、大人はクスっと笑ってしまうようなユーモアあふれる作品です。




実写とアニメが融合したミニアニメ作品です。ごはんに出されたロールキャベツをめぐって、野菜嫌いの子どもの心の葛藤が、敵である“ワガママ戦士スキキライマン”と、味方である“キャベツ怪獣キャベラ”として現れます。食卓で繰り広げられる、壮絶でかわいい戦いに勝つのははたしてどちらか?!子供は野菜を食べられるようになるのか?!